【無償貸出キャンペーン】TEAC SW-P300-CH

【無償貸出キャンペーン】TEAC SW-P300-CH

発売以来、大変好評頂いております弊社のHi-Fi専用設計サブウーハー「TEAC SW-P300-CH」を多くのお客様にお試し頂けるよう、期間限定で無償貸出キャンペーンを行います。
※無償貸出の応募条件として、このページ下部にある製品レビューへの投稿が必須となります。

貸出機はご自宅まで配送致します。
お客様ご自身のオーディオ環境で、お時間のある際にゆっくりとご試聴頂けます。

【応募方法】
1.商品を買い物かごに入れてください。
2.申請フォームへ進み、申請(ご注文)を完了させてください。
3.申請(注文)後、すぐにご注文確認のメールを受信されていることを確認してください。
※受信確認が取れない場合は、お手数ですが、ご登録のメールアドレスをご確認ください。
4貸出機の手配が整い次第順次発送となります。

【注意事項】
•お貸出しの期間は商品到着予定日より14日間になります。
•台数限定のため、貸出期間のご希望に沿う事はいたしかねます。また、応募多数の際にはお待ちいただく場合がございますのであらかじめご了承ください。
•配送料は送付時・返送時とも原則として当社にて負担いたします。(お客様の送料ご負担は不要です)
•お客様都合でお受け取り出来ず、保管期限が過ぎた場合の再手配に関しては、送料をお客様負担に限りお受けいたします。
•喫煙環境の方は、次に使用される方の為に使用環境をご配慮願います。
•紛失、盗難、悪臭、破損等(改造、分解を含む)があった場合、実費でのご請求となります。
•破損個所が修理が可能な場合は、部品費、修理工賃のみご請求となります。
•当社では、貸出機のご使用によって生じたいかなる損害に対しても、一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
•貸出期限を超えても返却されない方は、以降無償貸出サービスをお受けする事は出来ません。また、長期延滞の後ご返却された場合も同様です。
•貸出機のお申し込みは、一度のご注文で1機種につき1点、合計2機種までとさせていただきます。
•貸出機ご利用中に新規貸出ご希望をいただいた場合、ご注文を無効とさせていただく場合がございます。
•無償貸出機のご利用は、原則として1機種につき1回までとさせていただきます。
•製品レビューに掲載されたコメントは、当社の運営・管理するサイトや第三者の広告等のサイト、当社のカタログ、その他の媒体において、商品の販売促進のため、転載等によりご紹介させていただくことがあります。入力の前に予めご承知おきください。
•レビューにご協力いただけない場合、以降貸出サービスをお断りさせていただく場合がございます。
•無償貸出機は営利目的、修理代替機といった試用以外でのご利用をお断りいたします。
•サービスご利用者は上記注意事項の他、本ストア利用規約の各条項に従うものとします。

レンタル
製品コード
RE_SWP300CH
通常価格
オープンプライス
販売価格(税込)
0 円 (レンタル製品となります)
獲得ポイント
0 Pt
ブランド
TEAC
製品ページ
http://teac.jp/product/sw-p300/
関連カテゴリ

この製品は販売個数限定製品です。1人1個以上の購入はできません。

申し訳ございませんが、只今在庫切れです。

製品詳細

お好みの中・高域を確保しながら豊かな低域を楽しむ

『ハイレゾ対応』という言葉は、『高域のスペック』だけを意識しがちですが、再生音全体としてみれば低音が非常に重要であることは紛れもない事実です。
そこで、重低音再生だけを目的とした従来のホームシアター向けサブウーハーと異なり、粒立ちのしっかりした質の良い低域再生を目指すため200mm口径ユニットやBTL構成のICEpower社製の高効率クラスDアンプを採用し、ハイレゾ時代にふさわしいピュアオーディオ専用のサブウーハーを実現しました。
これにより中域・高域の好みを優先させてスピーカーを選択することが可能になり、お気に入りの小型スピーカーを使ってハイレゾの音の良さをさらに高音質で再生できるシステムの構築が可能になりました。

【無償貸出キャンペーン】TEAC SW-P300-CH

クリアで深みのある低域再生を可能にする200mm口径ウーハーユニット

サブウーハーのユニットに求められるのは、骨太の低域再生に必要な物理的な現象、つまり低い周波数で空気を確実に振動させることが可能な大きな振動板を正確に駆動することと、不要な高域をできるだけ発生させない構造です。『SW-P300』では直径50mm、巻幅18mmの4層ボイスコイルと直径120mmの大口径マグネットにより強力な駆動力を確保し、キレのある低域の再生を実現しました。さらに、セミプレス紙コーンの駆動板を採用することで、不要な高域の発生を抑え、センターキャップにダブルキャップを採用することで、最低共振周波数を下げ、付帯音が少なくクリアで良質な超低域の再生を可能にしました。さらに、振動板とユニットフレームをつなぐエッジラバーにも不要な高域の発生を抑えて速やかな振動収縮が可能な合成ゴムを、そして空気抵抗を抑える穴あきヨークポールを採用したことにより、最大24㎜のロングストロークを達成し、比較的小さな振動板でも大きく空気を振動させることで超低域の再生を可能にしました。

【無償貸出キャンペーン】TEAC SW-P300-CH

リスニング・スタイルに合わせてウーハーの向きを変えられるコンバーチブル設計

フットの取り付け方によりバッフル面を正面向きと底面向きから選択可能なコンバーチブル設計を採用。例えば床に低音を放射してよりパワフルにしたい場合は底面向きに、床を直接振動させたくない場合や低域の定位感を重視する場合(左右2台使用時など)に正面向きと、より効果的な低域調整が可能です。ユニットの向きを変えるには、ネジ式のフットを付け替えるだけ。バッフル面のネジ穴はサランネットを取付ける際のピンキャッチャーの取り付け用ネジ穴にもなる実用的な設計です。
また、キャビネットを支えるフットには重量感のあるアルミ削り出しタイプを採用。強力なエネルギーを扱うキャビネットの動きをしっかりと受け止め、安定した低域再生を可能にします。

【無償貸出キャンペーン】TEAC SW-P300-CH

細かい設定が可能なコントロール部

ボリュームレベルの設定やクロスオーバー周波数の設定だけでなく、フェーズやオートパワーオン/オフなどの各種設定が可能なコントロール部をリアに集中配置。さらにライン入力に対応した入力端子はサブウーハー・プリアウト端子を持たないアンプからの入力も可能です。さらに、最大出力91Wの大出力を備えながらも低発熱タイプのクラスDアンプを採用することで、剥き出しの金属部による怪我や火傷の原因となる危険な放熱フィンを排除した設計としました。
このため、コントロール部が見えない状態でボリュームやハイカット周波数を調整する場合でも安心して操作が行えるだけでなく、ボリュームノブとハイカット周波数の調整ノブの大きさを敢えて異なるサイズにすることで、目視しなくても操作できるように配慮しました。また、オートパワーON/OFF機能により、入力信号を検知して自動的に電源が入り、無信号状態が5分以上続くと自動的にスタンバイ状態に戻るため、省電力に寄与します。

機能一覧

・大口径200mmコーン型ユニット
・最大出力91W、ICEpower社製クラスD高出力パワーアンプ50ASX2-SE (BTL) を採用
・ユニットを正面向きと下向きに切り換えできるコンバーチブル設計
・ラインおよびスピーカー出力からの入力に対応
・スピーカーケーブル接続時のスルー出力機能
・ボリューム調整
・ハイカット周波数の無段階切換 (40Hz〜200Hz)
・ハイカットフィルターのオフ機能
・フェーズ切換機能 (0°/180°)
・オートパワーON/OFF機能 (機能オフも可能)
・ユニットの振動をしっかりと受け止める21mm厚の高密度MDFで構成された密閉型キャビネット
・アンプ部をキャビネット内部の内圧の変化から隔離する独立気室構造
・美しい天然木目の突板を光沢仕上げにした高品位な外観
・取り外し可能グリルネット (ユニットが正面の場合のみ装着可能)
・動作状態が確認できるパワーLED (動作時:青色、待機時:赤色)
・RoHS対応

製品レビュー

この製品に対するご感想をぜひお寄せください。

新規コメントを書き込む

投稿者 hhanawa @2017/10/31 14:34
おすすめレベル ★★★★★

美しい

スピーカーを下に向けた状態で使用しました。
ウーハーは部屋の隅に置くイメージでしたが
美しい色、素材なので、ガラステーブルの下において使用
近い位置に置いたので、ボリューム控えめで、、低音の効果得られました
マンションなので大きい音は出せませんが、満足できました。
ボリュームを上げれば満足度も上がりました。
キャンペーン価格は半額程度であれば購入したと思います
ネットショッピングで同じ金額で新品が買える状態です。
どうもありがとうございました。

投稿者 CLARK @2017/10/26 15:04
おすすめレベル ★★★★

音のいいサブウーファー

「音のいいサブウーファー」、まさにこの一言につきる商品だと実感いたしました。小型スピーカーとの組み合わせを推奨しておりますが、私は大型のトールボーイ(DALI HELICON 400 MK2)との組み合わせで試しましたが、まったくパワー不足を感じさせず、まったく歪まずに部屋を揺らすほどの低音を鳴らしくれました。セッティングは前面ウーファーと底面ウーファーそれぞれ試しましたが、私には下向きのほうが音の広がりを感じ好みではありました。設定、配置場所によっていろいろと変化があるのでそれを追求するたのしみもあり、音の良いサブウーファーの奥深さをまじまじと実感いたしました。また、外観のフィニッシュも非常に美しく、4点で支えるインシュレーターもしっかりしたつくりでびくともしません。その小柄なサイズからはまったく想像できないパワーと音質の素晴らしさを実感できました。ぜひ購入の検討をしたいと思います。

投稿者 ask @2017/10/08 17:57
おすすめレベル ★★★★★

【無償貸出キャンペーン】TEAC SW-P300-CH

ZENSOR1と使用しましたところ低音が補強されてよくなりました。
オートパワーオフなども使いやすく良かったです。
また、スピーカー面を底面と側面で選べる点も面白いと感じました。
音質もよく購入したいと考えています。

投稿者 戸部雄太 @2017/09/14 09:16
おすすめレベル ★★★★★

さすがの音

インターフェースとスピーカーは大したものではないのですがこのウーハーはとにかくいい物でした
重低音が心臓に突き刺さるかのような音でとても満足しました!
機会があれば購入してもいいかなと思いました。
とてもいい商品に出会いさせていただきありがとうございました

投稿者 戸部雄太 @2017/09/13 18:09
おすすめレベル ★★★★★

さすがの音

インターフェースとスピーカーは大したものではないのですがこのウーハーはとにかくいい物でした
重低音が心臓に突き刺さるかのような音でとても満足しました!
機会があれば購入してもいいかなと思いました。
とてもいい商品に出会いさせていただきありがとうございました

投稿者 瀬戸内海 @2017/07/09 16:45
おすすめレベル ★★★★★

様々な場面で使えます

今まで10インチのトールボーイを使っていたのですが、リビングの模様替えで6インチブックシェルフ(Tannoy Revolution XT6)に変更を余儀なくされました。
用途はリビングでのFMラジオ7割、テレビ、DVD映画観賞用に3割、AVアンプ駆動です。
6インチではさすがに映画を見るときの低音がもの足らず、家電量販店でいわゆるAV用のバスレフ型サブウーハーを視聴したのですが、体質的に合いませんでした。
ネットでSW-P300のうわさを聞き、貸出キャンペーンにてしばらく使わせて頂いたのですが、噂どおり自然に今のスピーカーの音に繋がる感じで、出そうと思えばそれなりの低音も出るし、邪魔にならない程度の鳴らし方もできるし、映画でもクラシック音楽でもとてもいい感じです。JazzもOK。クラシックはホールに残る低音の残響感が好きなのですが、それが再現できます。ピアノや弦のソロでもより立体感が出る感じがします。
予算が合えばすぐにでも購入したいのですがブックシェルフを買った直後で、且つなかなかの高額のため、しばらく資金をため、かならず購入します!

投稿者 チャーリー2 @2017/07/09 11:26
おすすめレベル ★★★★★

結構いいかも

無償貸し出しキャンペーンで利用させていただきました。
TEAC様には真にありがとうございました。感謝いたします。
製品ですが、概観は美しい仕上がりですね。木目がきれいで好きです。
今回、我が家の波動スピーカーもどきとあわせて利用したのですが、
正直驚くほど違和感なく、低音が補強できました。
向きは、正面向きで使用しました。そこ向きはやはり振動(音)が2階なので伝わります。
その場合底に操作系がありますので操作しづらいですね。リモコンがあればとおもいます。
低音はクラシック音楽(ピアノ、チェロ、コンチェルトなど)の再生には別に音の遅延などは感じませんでした。
ホームページにはよく見ると書いてあったのですが、BTL出力のアンプがスピーカーケーブル接続で使えるかどうかサポートに確認してしまいました。使えないのがちょっと残念ですね。
プリアンプ経由で使用しましたが、BTL出力のデジタルアンプなどが普及している昨今、サポートしてほしいものです。
音色は落ち着いた感じで、志向性がそれほどなく、音はそれほど膨らみもせず、小型スピーカーのアドオンで導入した場合、満足度は非常に高いと思います。
このたびは非常にいい機会を与えていただけて、TEAC様ありがとうございました。

投稿者 無償貸出Takeshi @2017/06/11 23:51
おすすめレベル ★★★★

重低音が素晴らしい

SW-P300-CHの無償貸出をさせていただきました。

私の環境は下記の通り。
1) プレアンプ: TEAC AI-301DA-SP (CDプレイヤー及び、TVのOpticalに接続)
2) CDプレイヤー: TEAC PD-301
3) スピーカー: Dali Zensor1

これまでずっと2ch環境でしたが、サブウーファーを足そうか迷っているところでこちらの無償貸出を見つけ、使わせていただきました。音楽、映画ともに約1週間楽しませていただきました。
プレアンプなので自動で設定を推奨してくれるような仕組みはないので、自分の耳で判断して、Phaseは180度、Cut-off周波数は80Hzくらいで聞いていました。

音楽は、心地よい低音で曲のグルーブ感を楽しめました。
また、映画は低音の背景音とかにより臨場感が非常に高まり、満足いたしました。

貸出で自分の部屋に置いて見れることで、家具との調和とかも確認することができました。このような貸出の機会を作っていただいたTEACさんには非常に感謝いたします。

投稿者 クラシック大好き定年者 @2017/05/29 17:07
おすすめレベル ★★★★★

これは手放せない

2年前にTEAC 300NEOチェリーを購入し愛用してきました。

購入直後にSW-P300-CHが発売されたので、気になっていました。
300NEOと色が同一で見た目が良く、低音不足を解消できればいうことなしですから。

問題はお値段。300NEOと比べ割高感は否めない。ずっと安くなるのを待っていましたが、発売されてここまで実売価格は横ばい。

現状の価格でも使って満足できれば、と思い、キャンペーンに応募しました。

はっきり言って、サブウーファーは「魔法のつえ」ではありません。

ステージから伝わってくるオーケストラのコントラバスの音とは違います。

とはいえ、低域の厚みはしっかり増します。形状も比較的小さく、光沢あるワインレッドの色も思ったとおり。

オペラ、交響曲、協奏曲といった大編成の楽曲も、だいぶ聴きやすくなりました。

これは手放せないなというのが、2週間試聴しての実感です。

投稿者 tatti-1052 @2017/05/23 13:24
おすすめレベル ★★★★

低音が豊かに響きます!

試聴環境。

アンプ Pioneer A-70A
スピーカー b&w cm1

cm1の低音に不満があり導入しました。結果としてはスピーカー本来の音を邪魔せず、低音を豊かに鳴らすことが出来ます。
個人的にはもう少しタイトな低音が好みなので星4つにしました。

機能としてはオートパワーがありますので、電源を入れたり切る必要が無く大変便利です。(音声入力が5分間ないと自動で切れ、音声入力されると自動で電源が入ります。)

投稿者 yone @2017/05/16 00:03
おすすめレベル ★★★★★

小型スピーカーユーザーに新たな選択肢のご提案

無償貸出サービスにて利用させて頂きました。
まず最初に、この「無償貸出キャンペーン」に対して一個人として御礼申し上げます。
何故このようなサービスを他のオーディオメーカーはやっていないのか?
改めて疑問を抱きました。(できればアンプも借りてみたいと思ってしまいました)
ゴルフクラブでも各メーカーが無料レンタルを普通にやっていますし、それ以外にも
「お試し」は有って然るべきですし、製品が高価であれば尚更です。
家電量販店やショールームで試聴してから購入しても自宅で聴くと、その空間等の
環境差異によって、試聴時と同じような感覚が得られない、とか、オーディオショップで
試聴すると、自宅のアンプと違って、とんでもなく良いアンプを繋いでいるので比較に
ならない、という試行錯誤を繰り返し、これまで散財していました。
本当に感謝、感謝です!
さて商品についてですが、自宅の小型スピーカーの買い替えを検討していたところに、
サブウーハーの追加はどうなのか?という新たな試みを行う事が出来ました。
「オートパワーセーブ」はとても便利ですし、「ハイカットフィルター」も良かったです。
「ハイカットフィルター」はON/OFFで音の感じ方が異なりますが、私個人的にはONにした方が
聴きやすかったです。
同時に借りたS-300HRとの組み合わせもGoodでした。(S-300HRのレビューは別途記載します)
コンパクトスピーカーのユーザーで、思うような音が出ない、と思われている方、
お試しする事をおススメします。

投稿者 Masayuki @2017/04/25 02:21
おすすめレベル ★★★★

良いサブウーファーです。

今のシステム(5.0ch)にサブウーファーを追加すべきか悩んでいたところにこの無償貸出キャンペーンを知り、
物は試しと思って試用させて頂きました。

まず、映画(5.1ch DTS-HD)で試しましたが臨場感が全く違います。
使用しているアンプ(YamahaのAVアンプ)は音場プログラム(シネマDSP)が充実しており、
いつもは臨場感を得るためにシネマDSPで再生しているのですが、
サブウーファーを追加するとシネマDSPを使わなくても音が空間に広がるようになります。
フロントスピーカーでは音に指向性がありますが、サブウーファーでは無い(下向きで使用)のも良いです。
また、その音の広がり方もシネマDSPとは異なります。再生ソース本来の音響効果が再現できたといったところでしょうか。

次に、音楽(SACD Multi-5.1ch)をシネマDSP無しで聴いてみました。
チェロ独奏が主体のオーケストラです。
時々、澄んだ空気が響くような低音が感じられます。ですが、映画と比べるとかなり控えめな印象です。
どうやら、フロントチャンネルの低音がサブウーファーではなくフロントスピーカーから出力されているようです。
アンプの設定を変えて、低音がフロントとサブウーファーの両方から出力されるようにしてみると、
サブウーファーが鳴るようになりました。
映画ほどではありませんが、音の広がりと部屋の空気が響くような低音が感じられます。

再生ソースをクラシック(Streaming Hi-Res 2ch)に変えて、
シネマDSP無しのマルチチャンネル(PLIIx Music)で再生しました。
いつもは、コンサートホールの音場プログラムで聴いているクラシックですが、
サブウーファーの低音が加わったことで、マルチチャンネルでも音に広がりが感じられます。
ただし、アンプの自動設定で、フロントの低音の出力先がフロントスピーカーに決まってしまうため、
時々、微かに空気が響くような低音が感じられるだけです。
音楽の場合と同じように、フロントの低音がフロントとサブウーファーの両方から出力されるよう設定変更すると、
はっきりと、サブウーファーが発する空気が響くような低音が感じられます。

アンプの自動設定では、スピーカーの大きさがフロントの低音の出力先の判定基準になっているようで、
フロントスピーカーの16cm径のウーファーと、20cm径のサブウーファーはあまり大きさが変わらないためか、
フロントの低音の出力先はフロントスピーカーに決まってしまいます。
サブウーファーを追加するには、まず、設定をどうするか、どのような音場で鑑賞したいのかを決める必要があるようです。

[システム]
 スピーカー:YamahaのNSシリーズ(525F×2、C525、M515×2)の5.0ch
 アンプ  :Yamaha AVレシーバー(RX-A2020)
[ソース]
 映画:BBC Rome, Blu-ray, 5.1ch DTS-HD
 音楽:1. YO-YO MA Plays ENNIO MORRICONE, SACD Multi-5.1ch
    2. Digital Concert Hall, Streaming 24bit/192kHz

投稿者 satuma izumi @2017/04/22 19:16
おすすめレベル ★★★★

なかなの製品です。

なかなの製品です。 BOSE MODEL 121 に低域を補う為に120リットルバスレフBOX を自作 しJBL 2231A を使用してますが、片方のエッジが破れたのでどうしようか考えておりました。CDプレーヤーの故障もありTASCAM CD-RW900MK2の検討していたところモニターキャンペーンを見まして応募しました。CD-RW900MK2を購入しYAMAHA RX-3010に接続して聴いてみました。最初いまいちかなと思いましたが、クロスオーバーの調整でなかなの製品だと感じました。ただ、38センチのJBLを聴き慣れているせいか30分ほどすると今までの方が良かったと思いエッジ交換を申し込みました。SW-P300は小型スピーカーを持っていて低域を補うのにはお勧め出来る製品だと思います。

投稿者 TEACMA @2017/03/26 11:50
おすすめレベル ★★★

この手があったか

自作ミニアンプの低域不足を何とかしたいと思い、2.1chで試用してみました
【〇】
・アンプやプレーヤーの仕様に左右されることなく接続可能な
 スピーカーケーブル接続時のスルー出力機能
・正統派の密閉型サウンド
・小音量ではONにならない、便利なオートパワーセーブ
・この価格帯で、位相切換/フィルタースイッチ/ハイカット周波数調整など装備
【×】
・ユニット正面向き時に、操作パネルが底面というのは尋常じゃない
 おかげでセッティングを追い込むことは、あきらめた
 購入に踏み切れない、一番の理由です
・映画鑑賞では、迫力が味わえるものの、音楽リスニングでは、ハムノイズ感が否めず
・個性的なチェリー色では、他社製品と合わせ難い。ブラックやナチュラルウッドが欲しい
・S-300のスパイクと比較しても、安っぽく見えてしまうアルミ製フット
【総評】
・通奏低音のように、演奏全体に厚み持たせる効果はありましたが
 Victor SX-3(25cmウーファー、35Hz~)との組み合わせでは本領発揮できず

投稿者 Taka @2017/03/15 09:25
おすすめレベル ★★★★★

品のいい低音!!

JVCのウッドコーンで音楽を聴いており、実はそれで満足してたのですが
最近やや低音が弱いかな?と思い始めてました。

とは言えサブウーファーを買って失敗するのもヤダなぁと思いつつ色んなメーカーの
サブウーファーをネットで見てたら、TEACさんがなんとお試しレンタルをしていたので
すぐに申し込みしました。

感想ですが、とっても良かったです。
映画館のようなドンシャリの「ドン」でなく今ある低音にさらに厚みがましたとゆーか
低音の表現力が増しました。
お気に入り曲Siaの「Alive」を何回も聴いて感動してました。

投稿者 ユウヤ @2017/03/02 22:37
おすすめレベル ★★★★

2チャンネルステレオ方式から

2チャンネルステレオ方式からの開拓としてこのサブウーハーを接続し試し聴きしてみました。
設置前は高音が耳につく感じが強かったですが
設置後は上手く高音が中和された感じで
さらに程よい低音が心地よかったです。

また、カスタマーセンターへ問い合わせした際に対応が親切だったのが個人的に高評価です。

投稿者 たくぴろ @2017/02/08 18:18
おすすめレベル ★★★★

よい製品かと思いますが・・・

まず使用環境に関して
CDP DENON DCD-1650RE
   ↓BELDEN 88760
AMP DENON PMA-1500RE
   ↓ZONOTONE 6NSP-1500 Meister
SP   DALI IKON1 mk2
という組み合わせで普段使っています。
 ワンルームでの使用ということでスペースの都合ブックシェルフ型SPを導入したのですが、低音不足を感じ、こちらの商品を試してみました。接続はアンプのプリアウトと試聴機付属のRCAケーブルを用いて行いました。
 試聴には、
①「Love supreme/John coltrane」輸入版シングルレイヤーSACD
②「マーラー 交響曲第二番/アバド シカゴ響」Esoteric ハイブリッドSACD
の二つを利用しました。①では低音の増強によりベースの音が生々しく聴こえ、より音楽の実在感が増したように思えます。②では第一楽章冒頭の低弦の響きがより深く感じられ、より強く音楽に引き込まれます。また全体を通して低域が強くなりますので聴き応えがあります。
 SPとの相性に悪さは感じられず、サブウーファーを導入することによるバランスの悪さは特に感じられませんでした。よい製品だと思います。
 しかし私にとっては、少々お値段が高く感じます。もう2万円くらい安ければ・・・

投稿者 バスク・オム @2017/02/07 09:49
おすすめレベル ★★★★

本格的な小型サブウーファー

キャンペーンでの試聴機貸出に応募し1週間ほど利用したレビューです。

10畳ほどの部屋、スピーカーは小型数台をスタンドに設置、
シアターのシステムは無いため2chオーディオでの利用、
ジャズ、クラシック、アイリッシュなどのソースでの試聴となります。

届いた箱を開けた瞬間に思ったのは
「この価格帯でこの仕上げは素晴らしい」ということでした。
「S-300NEO」などもそうですが嫌みの無い上品な仕上げです。

【ハイカットフィルター(FREQ)】
 使用しているスピーカーの周波数特性の最低周波数より少し上で設定
 (50Hzであれば60~70Hzくらい)

【音量(VOLUME)】
 音量をそれなりに上げたときに低域が若干出てるなぁ、と気づくくらいに設定

上記設定にて「SW-P300」のオンオフを繰り返して試聴しました。

【試聴感想】
サブウーファーの利用は今回が初めてですが「SW-P300」有りだと
音の繋がりや余韻の広がりなど、音楽の表現力が上がる感じです。
密閉型の恩恵でゆるっとした低域では無く「バシッ」とした
立ち上がりが速くクリアな低域が出ます。

ちゃんとした音量設定やハイカットフィルターの設定を行えば
メインの2chスピーカーとの繋がりにも違和感は無くなりますし
大型スピーカーを置くことが出来ない部屋事情には良い選択になるかと思います。
お気に入りの小型スピーカーを強化するという点においても
有効な選択肢の一つとして考えても良いのではないでしょうか?

【個人的な改善点などの希望】
 ・足にスパイクを取り付けられるようにして欲しい
 ・ウーファーを横向きにしたときにコントロール側を
  下向きにせざるを得ないので使いづらいためコントロール側が
  横向きになっても良いので足の取り付け穴位置を変更して欲しい
 ・サイズは大きくなるが25cm、30cmウーファーのモデルも出して欲しい

投稿者 黒猫 振蔵 @2017/01/31 14:31
おすすめレベル ★★★★

SW-P300-CH

これを使うと手放せなくなる気はしていましたが、やはりその通りでした。
今回、S-300HR-CHと同時にお借りすることが出来たため、有意義に色々と試すことが出来ました。
S-300HR-CHも充分な低域を持っているため、初めはSW-P300-CHはフルレンジではなく中域をカットした使い方で試していましたが、やはりフルレンジで鳴らした方がS-300HR-CHの拡がり、奥行きや分離感に寄与することがわかりました。音量は40%~45%ほどが良かったと思います。
S-300HR-CHと2.1のシステムにすることによりサウンドは完成された感があり、そうなると無くてはならない存在感という他ありません。
価格的には少し機能を縮小しもう2~3割安くなればより良いかと思いました。
また、手持ちのYAMAHA NS-10M Studioと組み合わせても大変良かったです。少し硬い印象のNS-10Mですが、低域の不足を上手に補足するだけでなく、キレキレでシャープな音楽も満足のいくカップルになり、ハードロックを楽しく聴くことが出来ました。
更にONKYO D-50とも組み合わせてみましたが嘘のように見違えたサウンドになり面白かったです。この製品を使うとスピーカーが2回り、3回りも大型になったようで、とても面白いですね。

投稿者 yuji @2017/01/27 10:41
おすすめレベル ★★★★

自然な低音

スペース的にブックシュルフしか設置できず、低音をどうにかしちと考えていました。
このSW-P300CHは、足りない低音を見事に付け足してくれ、「これは良い音!」と感動。
これはおすすめできるウーハーです。

しかし、「もうちょっと低音がほしい」と感じるようになりました。
ライバルのCW250Bを試してみたい。

いろいろ試してみて、買うものを決めます。

あと、正面のブルーのライトが強すぎます。
デザインは良いのに、もったいない。

投稿者 水口眞一 @2017/01/26 18:33
おすすめレベル ★★

もう一息かな。

もう少し低音の沈み込みが欲しい。向きの使いこなしが難しい。オートパワーセーブは良い。

投稿者 花渕 想 @2017/01/26 16:28
おすすめレベル ★★★★★

無し

映画、音楽Liveの鑑賞時の量感、空間表現のレベルが格段に上がりました。
普段テレビを観る時は、バーチャル7.1chのシアタースピーカーを使用していますが、今回
SW-P300が手元に届いたので、音楽鑑賞時に使用しているスピーカーと組み合わせ、仮設の2.1ch
仕様にして使用しました。今までのバーチャルが、所詮バーチャルでしかない事に気づかされました。サイズも大きくなく、見た目の質感も価格よりも1ランク高そうに見えるので、とてもお買い得モデルだと思いました。

投稿者 npr351 @2017/01/26 15:48
おすすめレベル ★★★★

小さな部屋で豊かなサウンド

8畳のワンルームで隣室を気にしながらS-300Neoでオーディオを楽しんでいました。
今回このSW-P300を加えることによる効果を、素人ながら報告します。
従来の音量のままで低音が大幅に加えられ、情報量が増え、どのジャンルの音にも豊かさを感じることが出来ました。
ビジュアル的にもS-300Neoとマッチし高級感もある、ただ価格的にかなりハードルが高く
実際に購入するかどうかは迷うところです。

投稿者 東京都下のJazz Fan @2017/01/26 09:21
おすすめレベル ★★★★

アイドリングが超静か!惜しい!

Jazzを主に聴いています。サブウーハーの経歴は最初フォステクスの20cmのCW200Aを使用しましたが、Jazzの醍醐味であるベースのランニングが特定の音が抜けて聴こえる感じがし(最低域ということではないです)、25cmのCW250Aに替え現在使用中です。さすがに25cmになると余裕で超低域まで聴こえ、かつ、柔らかく出ますので良いのですが、下をもう少し絞りたな、というのと、アイドリング時にザーというノイズが聴こえ、深夜に小さい音でオーディオ近くで聴こうとすると気になって使えない、という2点が主な動機です。Teac製品はA-H01、AX-501を所有しており好きな音なので、期待してお借りしました。以下に感想を書きます。
(1)の音の問題ですがタイトでクリアな良質な低音です。ただ、やはり20cmですと、CW200Aと似た傾向であり自分には聴き取りにくい音域がでます。
(2)のノイズですが、さすがTeacです!無音と言ってもいいくらい。サブウーハーはノイズがありがちな中、感動です!
その他、デザインはコンパクトで色も高級感のある、ギブソンギターのワインレッドみたいな色で申し分ないです!設置の自由度を高めるためのフットですが、別にインシュレータをかねたオシャレな台にしたほうが、操作面の向きの自由度が広がりよいかと思います。
最後に、この低ノイズのまま、コンパクトな25cmがあればなあと . . .
低音の合わせは多くの人が一番難しいと言いますし、合わせるセットや部屋で大分違います。試聴して音さえ自分に合っていると思えば低ノイズ、デザイン良しで買いな製品だと思います。

投稿者 MK @2016/10/28 16:10
おすすめレベル ★★★★★

重厚な低音

ONKYOのアクティブスピーカーGX-100HDにつなげて使用しました。
まず、今までこれだけの低音が再生されていなかったのだと知り、とても驚きました。
音に関しては、主張しすぎず、他のスピーカーの音を優しく支えるような心地良い重低音でした。
また、外観も高級感のある仕上げとなっており、魅力的な商品だと感じました。

投稿者 福島直樹 @2016/10/18 07:56
おすすめレベル ★★★★

SW-P300-CH 無料貸出の視聴に関するレポート(再修正版)

SW-P300-CH 無料貸出の視聴に関するレポート

視聴機材と設置場所

自作PC
・電源(UPS 1号機→TDKラムダ EMCノイズフィルタ→PC電源)
・増設USB3.0ボード(電磁波シールド対策済み)から出力

USBケーブル
フルテック GT2 USB Cable (Type A-B) [1.2m]を使用

DAC
TEAC UD-501
・電源(UPS 2号機→TDKラムダ EMCノイズフィルタ→DAC)
・XLR出力

XLR
オヤイデ TUNAMI TERZO XX V2 0.7m

アンプ
TEAC AX-501
・電源(UPS 2号機→TDKラムダ EMCノイズフィルタ→アンプ)

スピーカーケーブル
ナノテックシステムズ
・sp#79 specialとsp#79 SVをハイブリッドで使用 2.7mペア
・オーディオテクニカ(バナナ端子) オヤイデ(Yラグ端子)

スピーカー
・ONKYO D-509E
・DENON SC-M37(フル改造 D-509Eと比べて中高域では2ランク下だが低域では1ランク上だと思っている)
スピーカー本体の価格よりも改造費用(パーツ代金)の方が高額ですw

サブウーハー SW-P300-CH
UD-501のヘッドフォン出力(出力は固定)からRCA端子に接続



その他
サブウーハー 
YAMAHA ST-SW010(B)
別室のオーディオシステムで使用

視聴した部屋
八畳だが本棚やラックがあり実質六畳程度
壁は石膏ボード



サブウーハーを使用する目的と考え方
SW-P300-CHの設計思想とほぼ同で、すべての音域を明確にするアイテムだ考えている。

高域は耳を澄ましていないと意識できない。
低域部分の音量が大きい又はずれていると低域の音に神経が集中し、高域の音を意識することが困難になる。
サブウーハーで低域の補強、修正をすることで自然(きれい)な低域となり、高域を意識する余裕が生まれる。

音には倍音があり自然な音を再現するにはすべての帯域(低域、中域、高域)を明確に再生しなければ不自然な音(違和感)として認識される。


サブウーハーの役割は「低域を自然(きれい)な状態にする」「超低域にある基音を再生する」ことだと考えている。

上記の様な再生を可能にするように設定、調整して視聴した。


いきなり結論
SW-P300-CHを設定調整することにより当方のスピーカーで「低域を自然(きれい)な状態にする」「超低域にある基音を再生する」ことが可能となった。


設定、調整について
ONKYOのD-509Eは「サブウーハーは必要が無いんじゃねーの」とよく言われるスピーカーです(笑)
これにサブウーハーを足して音が良くなるのか・・・
サブウーハーを何もせずに設置した場合・・・ 「何これ?」という状態です。
中低域ではD-509Eの音質が勝るため、サブウーハーがその帯域と重なると音が崩れました。
ハイカットオフでなんとかクリヤーしましたが音が不自然であり総合的にD-509Eのみで再生した方が良かったです。


色々試した結果(5日間 視聴数100曲以上)筐体の振動をほぼ無いような状態にすることによってD-509Eの音がより豊かになり、胸の奥まで響く音になりました。
音源が良いと感動する音がでてくれた。


設置、調整の道程
(1)3軸の水平器で完全な水平を保つように設置しましたがイマイチ(筐体の振動が大)
(2)下がカーペットなので厚さ3cmの板(そこそこ大きい檜)の上にのせたら少し良くなった(筐体の振動が中)
(3)更にサブウーハーの足に振動防止ゴムを取り付けたら「おっ、良い感じ」(筐体の振動が小)
(4)振動防止ゴムを動かし、4本の足にかかる重量が完全に一致するまで調整(筐体の振動が微少)
※ハイカットとかボリューム(音量)、設置場所、電源等の説明は割愛します

(4)の状態にして「低域を自然(きれい)な状態」「超低域にある基音を再生」が可能になりました。

小さな筐体に駆動力が大きいスピーカーだと普通に設置しただけでは良い音にならないと考えます。

足(フット)がポン置きでも重心が安定するようでないとダメだと思いました。
(調整がシビアすぎます・・・)
比較したYAMAHA ST-SW010は足4本が連結してあるせいか何処においても良い音が出てくれます。
SW-P300-CHは設置、調整しなければYAMAHA ST-SW010より少しいい程度かなと感じました。
調整後のSW-P300-CHは「素晴らしい」「欲しくなりました(笑)」という感想を持ちました。

SW-P300-CHとYAMAHA ST-SW010の違いは「超低域にある基音の再生能力」が大幅に異なり、ハイレゾ対応のフロントスピーカーと組んだ場合、SW-P300-CHは感動するレベルの音を再生出来るということですね。
※ハイレゾ対応で無いDENON SC-M37と聴き比べてD-509Eの方がすべての帯域で2ランク上になりました。


設置調整をして気になったこと
(1)スピーカーをフロントにした場合と下向きにした場合では重心が異なるのかフロント側の方が筐体の振動が大きい。
(2)スピーカーをフロントにした場合、駆動力が高すぎて6畳(狭い部屋)では音が乱れる。狭い部屋でもオーディオ向きな環境を整えれば問題無いかも・・・
(3)音量等を調整するリモコンが欲しい。
  接続方法にもよるがプリアウトが固定の場合、アンプの音量を変えるとサブウーハーとは連動ではないため、それぞれのスピーカー音量がずれる。
 サブウーハーの所まで行って音量を調整するのが面倒くさい。スピーカーの設定に合わせるように情報を記録し、ワンクリックで設定を変更できるリモコンが欲しい。


最後に
SW-P300-CHは組み合わせるスピーカー(ハイレゾ対応)によって感動する音(目の前に音が見えるような感覚)を引き出せる素晴らしいサブウーハーであることを実感しました。


追伸(いい訳)
当方が視聴した目的は先に挙げた低域を自然(きれい)な状態にする」「超低域にある基音を再生する」ことなのでサブウーハーの何の音が良いとか、悪いのかという音質の善し悪しは評価していていません。
申し訳ないですが音質に関してはノーコメントです。
※もっと貸出期間が長ければ音質に関するコメントができますw
 AI-301DAを組み合わせた場合も含めて・・・

投稿者 福島直樹 @2016/10/07 01:58
おすすめレベル ★★★★

ハードウェアの面で気になったことが・・・

貴社の無料貸出しでSW-P300を視聴しています。
ハードウェアの面で気になったことが2点ありましたのでお知らせします。

・キャビネットのフットをしっかりとロック出来るようにしてほしい。
 音がずれるのが気になってキャビネットを調べていたらフットのネジが2本緩んでいた。
 サブウーハーは大きい振動があるスピーカーなのでフットがしっかりしていないと。

・電源コンセントのインレット部分を筐体の外部(横向き)に設置して欲しい。
 スピーカーをフロント側にした場合、付属のL字型インレットプラグしか接続できません。
 アホなマニアは色々なメーカーの電源コンセントを所持しているでしょうから、それが使えないとなるとがっかりします。
 インレットの仕様を3P(アース付き)にしてもらえると個人的に嬉しい。

以上です。

音に関してはまた後日。

無償貸出キャンペーン

この機会に是非製品をお試し下さい。

お買い物について

お支払い方法
クレジット決済、代金引換をご利用いただけます。製品代金以外の代金以外の必要料金として消費税、送料、代引手数料(代金引換利用の場合)をご負担いただきます。※クレジットカードのセキュリティはSSLというシステムを利用しております。カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。

送料
全国一律料金:600円(税抜)
お買い上げ合計が3,000円(税抜)以上の場合は送料無料となります。※送料無料に関しましては、予告なく変更または廃止される場合がございます。予めご了承ください。

代引手数料
一律料金:600円(税抜)

配送について
配送業者、お届け日および時間帯はご指定いただけません。

返品の可否と条件
原則不可
商品到着後1週間以内で、商品不良のある場合のみに限らせていただきます。

不良品
配送途中の事故等による破損がございましたら、弊社までご連絡ください。

商品の引き渡し時期
在庫のある商品は、購入手続き完了後営業日5日以内発送
在庫のない商品は、担当者より別途ご連絡させていただきます。※予期せぬトラブルや配送混雑時などは、出荷が遅延することがあります。

現在のカートの中

合計数量:0

商品金額:0円

カートの中を見る

営業日カレンダー